十分な休養とお薬による治療で治る、うつ病の原因と治療について

最新の記事

うつ病の原因

最初に内科を受診してもかまわない

うつ病は、今では世間一般によく知られる病気のひとつに数えられます。やる気がなくなったり、抑うつ状態になったり、また不眠症や便秘といった症状の原因が、うつ病だったという事もあります。精神的にも身体的にも影響を及ぼすのがうつ病です。しかし、そのうつ病になる原因というのはよく知られていません。多くの人にはその症状だけがひとり歩きし、原因にまではなかなか考えが及ばないものです。もし自分がうつ病になったら、または家族やパートナーといった大切な人がうつ病になったら、知っておきたいのがその原因と治療についてです。うつ病を正しく理解する事が病気を治す為の大切な一歩だと言えます。

初診にかかる診察料は

うつ病には様々な原因があると言われています。うつ病の原因を見付けるカギとなるのは、脳の仕組みにあります。脳内には様々な神経伝達物質があります。神経伝達物質とは、食べたり歩いたりといった行動を起こす為に必要な脳からの指令です。過度のストレスや疲労が重なる事で、この神経伝達物質のバランスが乱れてしまい、意欲低下や落ち込みといった症状を出すと言われています。ストレスや疲労の原因となるものは日常生活の中に様々な形で存在します。その事を上手く理解してストレスや疲労を貯めないようなスタイルの生活を意識する事が大切です。

うつ病の原因としては遺伝子を介して親から子へと伝わるという事も言われています。しかし、うつ病は「遺伝病」と、はっきり言うことは出来ません。一重にうつ病を発症しやすい遺伝子を持っているからといって、その遺伝子を持つ人が皆、うつ病になるとは限らないからです。脳の伝達物質やストレスといったもの、また遺伝子もそれぞれが複合的に作用した結果、うつ病を発症するものだと考えられています。

うつ病は、気が付かないうちに進行していく病です。体の不調も訴えることが多く、頭痛が続くや、何となくだるい、人によっては腹痛を訴える人もいます。 うつ病は、現代人特有の病と言われています。よって、その多くが何らかの心理的ストレスを受けた時に発症すると言われています。例えば、仕事で責任のある仕事を任せられ、これが原因となって、うつ状態になってしまったり、家庭内の揉め事や、夫婦の不仲が原因でうつ病になってしまうことはよく知られています。 最初に精神科を受診することが難しければ、内科でもかまいません。内科を受診してから精神科に紹介と言う形をとっても大丈夫なので、まず最初に医療機関に相談することが大切です。

ストレスは、なかなか軽減することが難しいものです。原因がはっきり分かっていても、仕事や家庭で起きたことが元だとすると、その原因を断ち切るのは、容易なことではありません。 うつ病の治療は、短期間で治る分けではありません。長い時間が必要とされます。通常、2週間以上無表情が続き、楽しいことや面白いと言った感情が無い場合にうつ病と診断されることになります。医療機関に受診すると、大体3000円から5000円程度が最初の診察にかかる金額です。年齢によっては、うつ病と自己診断しても実は認知症だと言うケースも珍しくありません。症状や年齢によっては、MRI等を判断の材料とする場合もあり、こう言った時は検査料がかかってきます。